私の歓楽 -日日宴安-

朝には希望を抱き、昼には戦い、夜には歓楽に耽る。

 衝撃。ほとんど水分なんだとは思うけれども。
 普段は朝食といったら、味噌汁・ごはん・焼き魚・納豆・卵が定番で、しっかりがっつり食べるのだけれど、今朝はとりあえずコーヒーとイチゴとクリームチーズのkiriだけにした。
 朝食を軽めにする事で、夕食で過剰に摂ったカロリーと、帳尻を合わせようというのである。
 そもそも無茶な食べ方をした翌朝は、何となく身体が怠くて重い…。
 実は食べた物を消化するというのは、物凄くエネルギーを消費するのです。
 寝ている間も、消化器官は休まず働いていたに違いないので、胃腸を労る為にも、翌朝は消化しやすい果物と、ヨーグルトやチーズなどのたんぱく質を少し摂ると良い。
 あとは昼間、活動的に過ごしていれば、食べ過ぎちゃっても体重はすぐに戻るだろう。
 ところで、体重よりも何よりも、台所と玄関が、ぷ~んとカニ臭い…それが一番の問題である。
 カニやエビなど甲殻類は、残り香が強烈だ。袋2重にして縛っても、微かに漂うレベルである。翌朝すぐゴミが出せる状態でないと、結構キツい。

fec9565b.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 今日の夕飯はカニ鍋。
 〆は勿論、カニ雑炊で決まりである。
 鍋の〆といえば、普段はうどん派だから、思い及ばなかったのだけれども、雑炊にすると、ごはんって増えるというか、膨らむんですね。
 3合もぶっこんだら、えらい事になった。
 綺麗さっぱり平らげたものの、妊娠5ヶ月の頃を思い出すポンポコ具合になった
 お腹いっぱい胸いっぱい、幸せいっぱいで、眠りに就こうと思う。

3056cd5f.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 メールで「産科します」と送ったり、「汝集合ですか?」と送ったり。
 疲れているのだろうか。
 そもそも変換候補に、何故「汝」などという漢字が最初に出るのか。使った覚えも無いのに。日常生活において、使う事がまず、無いし。

9c0b867b.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 まだ、ほとんど咲いていなかった。
 先走りすぎた。
 しかしまあ、ぴよまるが楽しそうだったので、良しとする。
 広場で嬉しそうに歩き回るぴよまるを見て、写真倶楽部だか同好会だかの、年配の男性たちが、『撮っても良いですか?』と大勢集まってきた。
 沢山のカメラマンに囲まれたぴよまる、ちょっとしたスターであった。親として鼻高々である。


0ba476fd.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 昨日読んだ本の中で、「アメリ」のワンシーンが引用されていたので、久々に観たくなった。単純である。
 行動力と計画性と発想力のありすぎるコミュ障、アメリという女性が主人公の映画。
 アメリが繰り広げる運命の悪戯が愉快である。
 細かいけれど、アメリの階段の降り方が、リズミカルで軽快で良い。

706b13f1.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 少し前に巷で話題になっていて、その洒落た表紙を書店で見かける度に自分も気にはなっていたのだけれど、わざわざ買うまでじゃなかった。
 先日、たまたま図書館で目に留まったので、借りて読んでみた。
 カリフォルニア育ちの筆者が、大学時代にフランスへ留学し、ホストファミリーをはじめ、パリの人々の美しい暮らしぶりに感銘を受けた、という話。「パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣」という副題がついている。
 ホームステイの初日に、ホストファミリーの家でもうちにいるときみたいにキッチンでおやつを探したりしても大丈夫だろうか…と心配したり、何かつまめるものがあるはず…と夜にこっそりキッチンへ向かう、というエピソードが信じられなくて、その後に続く「じつは、フランス人はほとんど間食をしないのだ」とかよりも、カリフォルニア・ガールは初めて行った他人様の家でつまみ食いする為にキッチンに忍び込んだりするの…!と衝撃的だった。
 「間食はシックじゃない」とかいう以前の問題だと思うのだけど…。
 他にも時々、ところどころ「いや、それはフランス人じゃなくても、ねーよ!!」みたいなツッコミどころはあったものの…そこはそれ…アメリカ人だからか…。
 服がぎゅうぎゅうに詰まったクローゼットの前に突っ立って『着る服がない』なんて文句を言っているのは、馬鹿らしい!商業主義に踊らされず、物質主義に振り回されず、「量」より「質」で、もっと豊かに生きましょうよ!という提言。
 上質な物を普段使いにして、毎日を特別な日のように生きる。それがパリ流、アール・ド・ヴィーヴル(暮らしの芸術)。
 家事をする時はお気に入りのエプロンを着ける、というのは是非、自分も取り入れたいなと思った。
 慣れない家事に、手を焼いてイライラしてしまう事もあるけれど、素敵なエプロンを着ける事で気分も高まるし、今は家事をする時間!とメリハリもつくでしょう。
 早速、自分好みのエプロン探しの旅に出ようと思う。

80c97de8.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 あれもあまり、好きでない。「DHA(ドコサへキサエン酸)を強化しました!」とかを売りにしている卵を見ると、気持ち悪い。何だよ、栄養を強化するって。
 鶏に特別な飼料や注射を与えて、栄養素を多く含む卵を生ませました、という事らしい。
 なんかもう果てしなく気持ち悪い。
 そもそもそれって本当かよ。水素水みたいなインチキ科学じゃないのかなあ。どうなんでしょう?

4f8d74b7.jpg
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ